大学受験の数学の勉強のコツは、次の3つです。 ・公式を暗記して、それを理解する ・問題集を何度も解く ・分からない問題をそのままにしない 数学と暗記は関係性がないと思っている方もいますが、暗記(サヴァン症候群の人は、一度みただけで暗記できることもあるそうですが、内容を理解しているわけではないようです)も重要なのです。 なぜなら、公式が分からないと問題を解くことができないからです。 そのため、始めてすぐは公式を暗記するなさってくださいね。 しかし、ただ暗記するだけだと応用問題で躓く可能性が高いので、その公式を理解してないといけません。 どうしてこの公式でこの答えが導き出せるのかをしっかりと理解する事で、数学が得意科目になります。 数学が苦手という人は結構ありますが、問題集(どれを買っても同じと思いがちですが、割と良し悪しがあるものなので、きちんとレビューなどを調べましょう)をなんども解いているうちにその苦手意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)は弱まっていくはずです。 何冊も問題集を解くことで、パターンが分かってくるので、どんどん解くスピードが早くなっていきます。 そして、判らない問題をそのままにしている人も多いですが、分からないことはその場で解決してください。 もし、そこで放置してしまったりすると、また同じ間違いをしてしまうので、必ずわかるようにしておきましょうー